• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

微量元素って何?

Sporenelementen - Blog02 Tet

微量元素とは、特定の機能の成長と働きを確実にする植物栄養素の要素です。それは作物の本質的なプロセスを可能にする、酵素の構成要素です。植物の重要な微量元素には、ホウ素、モリブデン、鉄、亜鉛、マンガン、マグネシウムなどが含まれています。微量元素は少量のみ必要で、多すぎると植物に害を及ぼす可能性があります。この記事では、さまざまな種類の微量元素についてご説明します。

ホウ素

ホウ素は、細胞分裂、炭水化物の移動、および成長剤の機能を助けます。植物の成長期には、ホウ素の継続的な供給が重要です。植物に含まれるホウ素が少なすぎると、根の発達が遅れ、成長している先端が死んでしまいます。葉は乾燥し、植物の果実は少なくなります。逆にホウ素が多すぎても、良くありません。葉脈が詰まったり、黄色くなったりすることがあります。過剰なホウ素に対してどれがより敏感かは、植物の種類ごとに異なります。

モリブデン

この栄養素は、成長と窒素バランスを調整します。多くの酵素はモリブデンなしでは機能しません。モリブデンの不足は、しばしばそれ自体を窒素の欠乏であるかのように見せます。窒素バランスをもたらす酵素は機能が不十分であるため、窒素の結合が不十分となります。これにより、葉が丸まったり、しなびたりします。pH値が低い場合、モリブデンの欠乏が増加する可能性があります。モリブデンの過剰についてはほとんど知られていません。これはめったに起こりません。

銅はホルモンバランスに大きな役割を果たしています。植物に含まれる銅が少なすぎると、成長が妨げられます。植物は異なる形や色になるかもしれません。たとえば、ねじれた葉は銅の欠乏の特徴です。過剰な銅は事実上存在しません。この場合、根は有刺鉄線に似て、葉緑素は分解します。

亜鉛

亜鉛は植物の成長をスムーズにするため、その成長にとって非常に重要です。亜鉛の欠乏は、はっきりとわかります:植物全体が小さく、葉っぱも小さくなります。また、葉っぱも茶色くなるかもしれません。亜鉛が過剰になると、成長が妨げられます。葉脈が紫色に変色することもあります。

この微量元素は、光合成、葉緑素の形成、呼吸など、多くの重要な過程を引き起こす酵素の一つです。鉄の継続的な供給は非常に重要です。鉄分が不足すると、葉緑素が分解されます。葉は黄色に変わり、最終的には完全に白くなることもあります。鉄の欠乏は、過剰な水分、低い根温、または高すぎるpH値で定期的に発生します。亜鉛、銅、マンガンなどの微量元素が多すぎると、鉄の欠乏を引き起こす可能性もあります。園芸では過剰な鉄分は発生しません。

マンガン

植物の多くの酵素にはマンガンが含まれています。この重要な構成要素は、タンパク質代謝、細胞分裂、光合成、呼吸などの植物プロセスが正常に行われるようにします。マンガンの欠乏は通常、非常に高いpH値で発生します。それは鉄の欠乏とほとんど同じように表れます。葉緑素は葉脈の間で分解します。バラやガーベラでは、葉が植物から落ちることがあります。マンガンが多すぎると、pH値が下がった場合に有害となります。葉っぱに現れる赤紫の点で、それに気づくかもしれません。

マグネシウム

マグネシウムは緑の葉の色を濃くします。この微量元素はまた、アミノ酸からのタンパク質の形成を促進します。マグネシウムが欠乏している場合、葉脈は緑色のままですが、葉脈の間の葉は黄色に変わります。植物は、葉脈間白化とも呼ばれるむらのある見た目になります。マグネシウムが多すぎることはまれです。もし多い場合には、塩害のような見た目になります。

微量元素を含むBAC製品

当社は、微量元素の吸収を促進するさまざまな種類の肥料を提供しています。とりわけPKブースターと ファンキー菌類があります。作物の中の微量元素の比率について質問がありますか?ナレッジセンターまでお気軽にお問い合わせください。直接アドバイスをさせていただきます。

« 戻る

« バック

Scroll to top